ワキガの判別方法は?最も簡単なのは○○チェック

その人がいなくてもニオイが残る重度なワキガの場合はともかく、軽度のワキガの場合には、自分がワキガなのかどうかよくわからないと言うケースもあるでしょう。ワキガであるかどうかにかかわらず、汗・ニオイケアは大切ですが、ワキガかどうかわかっていると対策アイテムを選びやすくなるのも確かですよね。

ワキガかどうか確実に判断するためには、病院で調べてもらうのが一番ですが、実は自分でも簡単に調べることができます。最も簡単なのは耳垢を調べること。

「ワキガを調べるのに耳垢?」ちょっと意外に感じるかも知れませんね。耳垢を調べるとワキガかどうかわかるのは、アポクリン汗腺の特徴に理由があります。

アポクリン汗腺は体の特定の部分に集中して存在しています。脇やデリケートゾーンは有名ですが、実は耳の中もアポクリン汗腺の多い部分。アポクリン汗腺の量が多いワキガ体質の人は耳垢が湿っていることが多く、中でも「飴耳」と呼ばれる黄色く粘り気のある耳垢はワキガの可能性が高いです。

また、アポクリン汗腺の量が多いワキガ体質は遺伝によることが多いので、ご両親がワキガかどうかも重要な判断要素になります。

この他にも、脇に何もつけていないのに白い粉がつくと言う場合には、ほぼワキガだと判断してよいでしょう。

さらに、制汗剤を使用していない状態で洋服のワキ部分をチェックしたとき、黄ばんでいる・シミができると言う場合もワキガ体質の可能性が高いです。これらのチェック項目のうち、いくつか当てはまっていると言う場合には、ワキガの可能性が高いと言うことができます。

ワキガとわかったからと言って、決して悲観する必要はありません。ワキガはほとんどの場合、セルフケアで対処可能です。ワキガクリームなどワキガ専用のアイテムを使ってケアしていけば大丈夫!ワキガでない場合も、汗と臭い対策はエチケットとして必要ですよ。