UDN765BdM のすべての投稿

ワキガの判別方法は?最も簡単なのは○○チェック

その人がいなくてもニオイが残る重度なワキガの場合はともかく、軽度のワキガの場合には、自分がワキガなのかどうかよくわからないと言うケースもあるでしょう。ワキガであるかどうかにかかわらず、汗・ニオイケアは大切ですが、ワキガかどうかわかっていると対策アイテムを選びやすくなるのも確かですよね。

ワキガかどうか確実に判断するためには、病院で調べてもらうのが一番ですが、実は自分でも簡単に調べることができます。最も簡単なのは耳垢を調べること。

「ワキガを調べるのに耳垢?」ちょっと意外に感じるかも知れませんね。耳垢を調べるとワキガかどうかわかるのは、アポクリン汗腺の特徴に理由があります。

アポクリン汗腺は体の特定の部分に集中して存在しています。脇やデリケートゾーンは有名ですが、実は耳の中もアポクリン汗腺の多い部分。アポクリン汗腺の量が多いワキガ体質の人は耳垢が湿っていることが多く、中でも「飴耳」と呼ばれる黄色く粘り気のある耳垢はワキガの可能性が高いです。

また、アポクリン汗腺の量が多いワキガ体質は遺伝によることが多いので、ご両親がワキガかどうかも重要な判断要素になります。

この他にも、脇に何もつけていないのに白い粉がつくと言う場合には、ほぼワキガだと判断してよいでしょう。

さらに、制汗剤を使用していない状態で洋服のワキ部分をチェックしたとき、黄ばんでいる・シミができると言う場合もワキガ体質の可能性が高いです。これらのチェック項目のうち、いくつか当てはまっていると言う場合には、ワキガの可能性が高いと言うことができます。

ワキガとわかったからと言って、決して悲観する必要はありません。ワキガはほとんどの場合、セルフケアで対処可能です。ワキガクリームなどワキガ専用のアイテムを使ってケアしていけば大丈夫!ワキガでない場合も、汗と臭い対策はエチケットとして必要ですよ。

ワキガクリームってワキガの人しか使えないの?

「ワキガクリーム」と聞くと「ワキガの人しか使えないの?」と思ってしまう方も多いかも知れませんね。「ワキガじゃないけど汗と臭いが気になる」と言う方の場合は、特に迷ってしまうことでしょう。

結論から言えば、ワキガクリームはワキガでない人も使えます。ワキガ体質の方でも効果が実感できるくらいなので、汗と臭いをブロックする効果は抜群!ワキガクリームは加齢臭や脇汗が気になる方や、足の臭いが気になる方などにもおすすめですよ。

ワキガは多くの場合、思春期頃に表れ始めると言われていますが、最近では小学校の低学年でワキガになる子供の増えているようです。大人の場合でも臭いは周囲の人間関係に影響を与えることが多いものですが、子供の場合はなおさら。思ったことを正直に口にしてしまう子も多いため、いじめや「自臭症」と呼ばれる「本当は臭っていないのに臭っているように感じてしまう」問題につながりかねず、親御さんの中には心配されている方もいらっしゃるでしょう。ワキガクリームはそんなお子さんの臭いケアにもぴったり。お風呂でよく洗うことやこまめに着替えることなど、清潔を心がける習慣の一環として、入浴後のワキガクリームを取り入れてみるのもよいでしょう。

ワキガの人はスソガやチチガであることも多いものですが、スソガは特に女性に多いと言われています。身体の中でも特にデリケートでプライベートな部分だけに、ケアに使うアイテムは徹底的に安全性にこだわりたいですよね。

スソガ対策に使うワキガクリームは、国産で低刺激なもの、添加物を使用していない天然成分配合の肌にやさしいものを選ぶのがポイント。効果の高いワキガクリーム1本あれば、脇はもちろんデリケートゾーンの臭い対策もバッチリですよ。

確かに強力!でも海外製デオドラントがおすすめできないのには理由があった

ワキガとはアポクリン汗腺の量が多い「体質」ですが、ワキガ体質の比率は民族によって大きく異なります。全人類的に見ればワキガ体質が圧倒的に多く、アジア人は例外的にワキガ体質の比率が少ないことで知られています。海外ではワキガ体質の方がむしろ普通なので、「ワキガ」を表す言葉はなく、「体臭」とひとくくりで語られますが、日本ではワキガ比率が1割程度と圧倒的に少ないため、何となく特別な感じで見られてしまうのは困ったことですね。

ワキガ体質の割合が圧倒的に多い海外の中でも特に欧米では臭いケアはエチケットとされており、子供のころから必要性を徹底的に叩き込まれます。デオドラント製品も数多く売られており、ワキガ体質が前提であるため、非常に強力な製品が多いのも特徴です。

ワキガに悩んでいる方の中には、強力な海外製のデオドラントに興味をお持ちの方も多いことでしょう。確かに、海外製のデオドラントは非常に強力で、中には塗ってから1週間は効果が持続するものもあるほどです。では、「汗と臭い対策には海外製のデオドラントがおすすめなのか」と言えば、そうではありません。その理由は、日本人の皮膚が「薄い」ことにあるのです。

日本人の皮膚は角質層が薄いため、欧米人に比べ刺激に弱い傾向があります。海外製デオドラントに配合されている成分は、効き目が強力な分だけ刺激も強く、日本人が使うには適していないのです。ワキガ体質の方はスソガでもある可能性が高いですが、デリケートゾーンに海外製デオドラントを使ってもしものことがあったら大変ですよね。

日本人の汗・臭い対策には、日本人の肌に合わせて開発された低刺激のワキガクリームを使うのがおすすめです。